ロゴ
HOME>記事一覧>介護職に就きたいなら必読!介護求人情報の裏側

面接に合格するためには

お仕事に就くには、いろんな試練があります。応募書類を送ったからと言って、必ずしも合格するとは限りません。書類選考の後は面接を受けるのが基本となるので、面接で合格したいなら3つのポイントを抑えておくといいでしょう。

介護職の面接に合格するポイント3選

履歴書

会話のキャッチボールが上手

介護職ではお年寄りやその家族と接する機会がとても多いので、トーク力が試されます。トークが苦手な方は普段から家族や友人と会話の練習をしておくといいでしょう。

身だしなみが良い

身だしなみが悪いと不潔な人だと面接官に印象づけてしまう恐れがあります。ですので、髪の毛はブラシでといてワックスで固めておくのがベストです。服装はスーツが無難ですがシワがないか確かめておきましょう。

就職先の情報を得る

面接時に応募したきっかけなどの質問をされるケースが多々あります。その時に就職先の仕事内容が魅力的といった言葉を添えると高感度がアップすることでしょう。

介護職に就きたいなら必読!介護求人情報の裏側

JOB

安定した職業とその仕事内容

安定した収入を得たいと思っているのなら、介護や医療事務といった職業がベストです。介護職はお年寄りのサポートをすることがほとんどです。例えば、食事をする時にご飯をスプーンで掬って食べさせたり、トイレまで付き添って排泄を手伝ったりする仕事内容となっています。それなりの知識が必要ですが、1番重要なのは体力とコミュニケーション能力と言えるでしょう。また医療事務という仕事も存在します。この仕事は文字通りクリニックで資料などを整理する仕事のことを差しています。この仕事をするためにはパソコンスキルが必須なので、求人に応募したいのならワードやエクセルの資格を習得しておくと有利です。